お得に発電するために

高松市での太陽光発電について考えよう

最近は地球温暖化防止の観点から世界レベルで地球環境に対する配慮が求められています。
その要望にそうため、日本においても各自治体で様々な政策が発案されています。
その一つが、太陽光発電システムの導入です。
原子力発電では原子核を用いるため、事故が起こった時に大災害につながってしまいます。
また、火力発電では石油や石炭などの天然資源を用いるため有限の資源の消耗が問題となります。
また、発電時に温室効果のある二酸化炭素が発生するため、地球温暖化につながってしまいます。
その点、太陽光発電では、無限にある太陽の熱エネルギーを利用して発電を行うため、資源の無駄遣いとはなりませんし、発電時に二酸化炭素の発生もしないため、国を挙げての二酸化炭素の排出抑制にもつながります。
そこで、各自治体では、補助金制度を導入して、太陽光発電システムの設置を促しています。
高松市でも平成24年度には予算枠を設けて太陽光発電システムの設置費用を補助していました。
通常、システムの設置については100万円以上の多額の費用がかかってしまうので、補助金制度を設けることで、その設置を広めるのが狙いです。
しかし、この補助金制度には多くの反響がありすぎたため、予算枠がすぐに埋まってしまいました。
そこで、高松市ではさらなる予算の増額補正を行っています。
このように、個人レベルでの太陽光発電システムの導入を促すためにも、各自治体の補助金制度の充実が今後さらに必要となっていくでしょう。