お得に発電するために

太陽光発電を導入した理由

私は昨年自分が住んでいる香川県で太陽光発電をセットしました。
それまでは、非常に興味はあったのですが、導入に関しては否定的でした。
光熱費を削減するために導入すると思うのですが、結果的には高額な初期投資をして電気料金を安くするのです。
その点だけでも本末転倒しているのではないかと思います。
その、初期投資した資金の回収も、10年くらいが妥当みたいですが屋根の向きや形状によって発電量は左右されます。
同じ地域だからと言って効果も同じという訳ではありません。
それにメンテナンスがいらないと言っても故障もあるだろうし、パワーコンディショナーの交換にはかなりのお金がかかります。
ソーラーパネルの寿命も、一説によると、保障は20年ですが寿命は30年とも言われています、しかもいつ何時故障するか分かりません。
それでも私は結局太陽光発電を設置しました。
大もうけはできないことは確かですが、それにメンテナンスだって準備しておかなければなりません。
しかし、それでは何もしない方が良いのか、と言ったらどうでしょう。
今後電力政策はどうなるか分かりません、原発の再稼働はあるのか、電力の自由かは進むのか、と言った問題を抱えて何もしないということは、私にとってはありえないことです。
大損を被るならそうは言えませんが、10年で償却できる可能性が大きいのです。
それ以降はメリットだけではないですか、それが例えば売電の単価が買電と同じでも
支出はなくなるではありませんか。
太陽光発電は大儲けはできなくても今後の生活に必ず役立つものです。