お得に発電するために

費用を回収できるのは?

太陽光発電システムは初期費用のかかるシステムです。
その費用の負担を少なくするために、国や県、市町村などから補助金が出るのですが、それでもやはり「初期費用の高さが気になる・・」と導入に踏み切れない方も多いのではないでしょうか。

が、今は、売電価格の固定買い取り制度などもスタートしており、かなり高い水準で、長期間安定して電気を買い取ってもらうことが可能となっております。
システム自体がだいぶ安くなってきたこともあり、昔よりもかなり早い段階での初期費用の回収ができると見込まれています。

売電がどの程度できるのか、と言う点は、「そもそも、住んでいる地域の日照条件、利用している太陽光発電システムでの発電量」や、「昼間、発電している最中に、家の中でどれくらいの電気を利用するのか」によって異なってきます。
が、4キロワットのシステムの太陽光発電システムを、補助金を除き、200万円程度の価格で導入した場合には、12~15年程度で、初期費用の回収が可能と言われています。
売電価格は10年間固定ですので、最初の10年は計算もしやすく、その時点で費用の回収にはめどがたつ、といったところでしょう。
その後は売電量と、使用電力のバランスにもよりますが、電気代の減少というメリットを受けることが可能となります。

さて、こうなると、気になるのは太陽光発電システムの寿命についてです。
シリコンで構成されている太陽電池は、寿命について考える必要はそれほどない、とされています。
きちんとカバーされていますので、特にメンテナンスの必要もなく、長期間利用することができます。
故障もしにくい設計であり、20~30年くらいは使えるのではないか、と言われています。
太陽光発電システムには、電気を変換するためのパワーコンディショナーが不可欠ですが、このパワーコンディショナーは15年に一度くらいのペースで交換が必要です。
現状では20万円~30万円程度の費用がかかってしまうのですが、今後、この価格も下がっていくことと思われます。
初期費用回収後は、パネルの寿命がくるまで、お得に電気を使うことができるということになります。

が、注意が必要なのが、売電価格についてです。
今後、太陽光発電システムの普及率が上がっていくにつれ、売電価格は下がっていくことが見込まれています。
自分のケースで、しっかりとしたシミュレーションを行い、納得したうえで、太陽光発電システムの導入を決定しましょう。