お得に発電するために

太陽光発電の電池を知ろう

太陽光発電と聞いて、多くの方が頭に思い浮かべるのは、ソーラーパネルなのではないでしょうか。
太陽光発電システムが導入されている家の屋根には、立派なパネルが敷き詰められています。
とても目立つものですし、イメージもしやすいものですよね。

このソーラーパネルは、太陽光発電の電池を並べ、配列したものとなります。
太陽の光を電気に変えるための大事な機器です。
太陽光発電に使われる電池には、いくつもの種類があります。
この電池の違いにより、発電効率も異なりますし、もちろん価格も違ってきます。
自分の家のケースには、どのようなタイプの太陽光電池があっているのかを知るのも大切なことだといえるでしょう。
ここでは、現在国内で多く使われているタイプの太陽光電池について、紹介していきます。

まず、比較的安価に導入できるタイプの太陽光電池として人気なのが、多結晶シリコン太陽電池です。
結晶の粒が数ミリという小さなシリコンを集めて作られている太陽電池です。
多結晶シリコン太陽電池のほか、単結晶シリコン太陽電池というものもあるのですが、多結晶のものは、単結晶の製品よりも発電効率が劣るとされています。
が、単結晶太陽電池はその生産コストが高く、導入するためのコストも高くなってしまいます。
導入コストと発電効率のバランスの良さから、現在は多結晶シリコン太陽電池が主流となっているようです。
が、高温になりやすい地域では、高温時の出力の低下が若干気になる、という弱点もあります。

一方、高温時にも強く、環境の変化に対応しやすいと言われているのが、HIT太陽電池です。
単結晶シリコンとアモルファスシリコンで作られている製品で、パナソニックが製品化しています。
比較的新しい太陽電池のタイプで、発電量はトップクラスを誇っています。
変換効率も高く、小さな面積でも効率よく発電することができるので、屋根の面積が小さい、外観をなるべく損ねたくない、と言った方にお勧めできそうです。
が、一方で、新しいタイプの太陽電池であることもあり、導入コストが比較的高価となってしまいます。

このように太陽電池のタイプによって、メリット・デメリットが変わってくるので、よく比較検討して選びたいですね。