お得に発電するために

地域に合ったメーカー選び

太陽光発電システムを導入するときに、考えておかなければならない点はいくつもありますが、その中のひとつが「地域」についてです。
日本は南北に細長い形をしており、地域ごとに気候も異なっています。
日照時間が長い地域と曇りの日が多い地域では、年間発電量にも違いが出てきます。

発電効率を上げるためには、自分の住んでいる地域の気候に合っているメーカーの製品を選ぶ必要があります。
たとえば、太平洋側の地域は、日射量も多いので太陽光発電システムを導入するには、適している地域だといえるでしょう。
様々なメーカーの製品の中から、自分の家の状況に合わせた製品選びがしやすい地域と言えるでしょう。
が、一方で、高温になりやすい地域は注意が必要です。
高温時には、電力の変換効率が落ちてしまうことがあるのです。
せっかく大量の電気を発電することができても、それを利用できる状態に変換するときに、ロスが出てしまってはとてももったいないですよね。
高温になりやすい場合には、高温にも強いハイブリッド単結晶シリコンタイプ(HIT)の太陽光発電システムを導入することも検討してみてはいかがでしょうか。
パナソニックなどが、この太陽電池を導入しているシステムを販売しています。
若干コスト高になってしまうのがデメリットとなりますが、高い発電量を見込めるでしょう。

地域がら、曇りの日が多いという場合には、曇りの場合の発電にも強いメーカーの製品選びをするのがおすすめです。
曇りの日の発電にも強いと言われているのが、化合物系タイプの太陽電池を採用しているメーカーです。
ソーラーフロンティアなどが、このタイプにあてはまります。
シリコン系の製品と比べると、変換効率が落ちてしまうのがデメリットとなりそうですが、
曇りなどの天候条件に左右されにくく、発電することができます。

太陽光発電について気になったら、まずは販売店の担当者などに、地域の日射量や気温についての情報ももらいましょう。
その上で、どこのメーカーの製品を選ぶのがいいのかを考えるのがおすすめです。